看護師と助産師の違いは?

しかし、どこまでの範囲の医療行為が認められているかという点では、看護師と助産師とでは大きな違いがあります。
看護師も助産師もともに、看護師の資格を持っていなければいけません。
看護師よりも出産に関しては専門的な経験と知識のある助産師には、分娩に立ち会う際にも、より広い範囲の医療行為が認められています。
しかし、看護師にはへその緒を切断する行為は認められていないので、助産師もしくは医師の指示に従ってアシスタント行為を行う事になります。
助産師には分娩介助行為を行うことが認められていますが、看護師にはそういった行為は認められていません。
この時、助産師は手術室に入る事はなく、看護師が手術室で医師のアシスタントを行います。
また、自然分娩中に分娩がスムーズに進行しないまま帝王切開の必要が出た場合には、それまで助産師が立ち会っていた分娩でも、助産師は帝王切開を行なうことはできませんから、分娩のサポートは医師に引き継がれて、医師が帝王切開を行う事になります。
赤ちゃんが生まれた後の新生児ケアは、看護師も助産師もどちらも行ないますが、より専門的な知識を持っているのは助産師ですね。